社会への取り組み

お取引先様とともに

購買の基本的な考え方

COPALでは、サプライヤー様と強い信頼関係の基に共存共栄できる関係を確立することが重要で あると考えております。新しいものの開発、生産においてはサプライヤー様のご協力は欠かせません。その前提として、公正且つ公平な購買活動に努めて関係強化をしています。


資材・購買取引行動指針の徹底

■法令を遵守した公正な取引

COPALでは、独占禁止法や下請法など購買・資材に関する法令の遵守を徹底するため、外部セミナーへの参加、社内教育の実施、システムの構築、定期的に購買担当、関係部門への説明会開催等、法令遵守を周知徹底するように取り組んでいます。


■公平・公正な調達への取組み

COPALでは、ウェブサイト上にて部品・部材調達の情報を公開し、いろいろなサプライヤー様からの資材に関する問い合わせが簡単にできるようにしています。


■サプライヤー様の選定方針

COPALはサプライヤー様選定に当たり、安定した経営基盤、法令遵守の経営、環境への配慮、品質の確保、安定供給、優れた技術力、指定納期の順守、知的財産の尊重、適正な情報の保護、適正な価格等を綜合的に判断し選定を致します。


■サプライヤー様との関係強化

COPALはサプライヤー様との信頼関係を構築し、さらにこれを強化することに努めます。


サプライヤー様との対話

サプライヤー様との確かなパートナーシップと強い絆を築くため、年1回の「グループ会社賀詞交歓会」や事業所毎の「方針説明会」を開催しています。これらの場は、開発・品質・環境等への取り組みをお願いするとともに、更にコミュニケーションを深め、またグループ会社へ積極的にアプローチしていただける機会となっております。