新卒採用情報

先輩社員

鈴木 悠介

鈴木 悠介
Yuusuke Suzuki
東京技術開発センター 開発第一部
第一グループ
2009年入社

前例のないモノをつくる“夢”に向かって

現在の仕事

デジタル一眼レフカメラのフォーカルプレンシャッタの設計開発を担当しています。お客様の要望に対応するだけでなく、市場にまだないものをこちらから提案し開発するところです。モノづくりの上流工程であり、プロジェクトの中心となってリーダーシップをとって作るところです。最初の設計が一番大事といわれ、その自覚をもって自分が中心となって責任もってこれを立ち上げるという仕事です。
イチから立ち上げる、というと言い過ぎかもしれませんが、いままで当社が培ってきたものを、まず継承し次へ繋げていく。そのうえで、先輩・大先輩方がつくってきたものに自分の新たな機構を取り入れる。前例ないところを特許として出願することもあります。フルコピーではなく、少しでも新しいもの改良したものが作れるようにと取り組んでいます。

日本電産コパルに決めた理由

大学の時からプレス金型を勉強していました。指導の先生から「モノづくりは金型から」ということを教わりましたが、就職に際しても、自社内で金型づくりを行っているメーカーは基盤がしっかりしており、長く事業を続けていくだろうと思っていました。当社は自社内に金型設計部門をもち、形のある製品の設計から製造まで一貫した生産体制をもっています。生活の中でも身近にあるカメラの部品をつくっています。自分が設計した製品を家族や友人らに実際に使ってもらうことになるため、エンドユーザーの声を直接聞くことができ、設計者として、より仕事の達成感が得られると考えました。
それに企業としては、日本電産グループの一体経営の一員として、厳しい競争社会の中で生き残り成長を続けていく強さも感じました。

仕事のやりがい・醍醐味

私の仕事は、設計して図面を書いて終わりというだけでなく、実際に試作品の組付け評価、量産立上げ、その後のフォローと、設計者が中心となってものづくりを進めることができる点が魅力です。
そして、時にはお客さまから、前例のない厳しい注文が寄せられることがあります。「最高のスペックで、しかしコストは抑えてほしい」というものです。設計段階の検討では、「難しいだろう」という声もありました。しかし、がんばって何とか形にできて、いまそれが搭載されたカメラが人気を得ているというのがとても嬉しいことです。若いから、後先考えずにがむしゃらに出来たのかも知れませんが、大きな達成感があり自信にもなりました。
そして今、これまでの自信をバネに、これまでにない全く新しい機構を備えたシャッタを作ってみたいと思っています。これが現在の私の夢ですが、実はすでに特許を出願し、実証試験も行っています。現在はこの試作品を仕上げることが当面の目標となっており、徐々に夢に近づいているといったところでしょうか。

日本電産コパルのここがすごい

会社では、やる気さえあれば若くして仕事を任されることもあり、私も設計者として多くの経験を積むことが出来ています。
また職場では、こちらから積極的に相談すれば、若手でもちゃんとアドバイスやフォローしてもらえる雰囲気があります。私も難題を一時抱え込んだことがありますが、リーダーに一言相談すると、皆を集めて一緒に考えてもらい課題解決につなげることが出来ました。そんな雰囲気の中、のびのびと仕事ができる環境に感謝しています。