沿革

会社沿革

1949年の誕生以来、カメラ用シャッタのトップメーカーとして我が国カメラ産業を支えて来たと同時に事業の多角化に取り組み、超小型コンポーネントから大型システム機器分野までをカバーする当社の歴史と製品史をご覧ください。

創業~
1960年代
1946年 個人経営にてシャッタ製造開始
1949年 株式会社組織に変更、カメラ用シャッタの専業メーカーとして株式会社コパル光機製作所設立
1954年 本社工場を現在地に移転
1955年 シャッタ組立て作業にベルトコンベヤーシステム採用
1961年 東京証券取引所第二部に上場
1962年 社名を株式会社コパルに変更
1963年 コパル精密株式会社(現・郡山技術開発センター)操業開始
1965年 シャッタ製造技術の向上によるカメラ業界への多年の功績によって藍綬褒章受章
1967年 コパル光機株式会社(現・塩尻事業所)設立
1969年 六日町精密株式会社(現・新潟事業所)設立